重曹歯磨きで歯は白くなるのか

重曹歯磨きは歯を白くする効果があるのか?

重曹で歯磨きをすると黄ばみは落ちるのか

重曹は生活の様々な場面で幅広く使用されている材料です。最近では歯を白くする効果があると言われていますが実はデメリットもあるのでそれも一緒に紹介していきます。

 

重曹で黄ばみを落とせる?

重曹は細かい粒子なので歯磨きとして使うことで歯の表面についた汚れを落とすことができます。ただし重曹は研磨剤のような働きをしているので強く歯を磨いてしまうと歯の表面のエナメル質を傷つけることになってしまうので注意しましょう。

エナメル質とは歯をつるつるに保ってくれるコーティングの役割を持っています。これが傷ついてしまうとその奥にある象牙質という黄色い部分が出てきてしまい逆効果になるというわけです。エナメル質が傷つくと修復はとても難しいので歯を白くするためにむやみに強く磨かないことです

重曹よりも安全に歯を白くする方法


しかしやさしく歯を磨く分には特に問題はありません。また重曹歯磨きには次のようなメリットもあります。

 

 

重曹歯磨きのメリット1 虫歯予防

重曹はアルカリ性なので食後に酸性になった状態をアルカリ性に変化させてくれます。一般的に酸性の時には虫歯になりやすいと言われているので重曹で中和することである程度虫歯予防の効果が期待ができると言われています。

 

ただし重曹で歯を磨いても中性である唾液の働きにより、アルカリ性からすぐに中性に変化してしまいます。あくまで一時的な効果ととらえておくのがいいでしょう。

 

重曹歯磨きのメリット1 口臭対策

重曹を掃除や洗濯に使用した方ならば「消臭」効果があることを知っているでしょう。実は歯を磨くときに使用しても同じように匂いを予防する働きが得られます。

 

重曹歯磨きは市販の磨き粉とセットで

重曹で歯を磨くときにはできれば普通の歯磨き粉で磨く前後に行うのがおすすめです。市販の歯磨き粉には歯の表面を強くしてくれるフッ素が配合されていますが重曹にはないからです。そのため、手間がかかりますが重曹と市販の歯磨き粉の二回に分けて磨くことで歯を丈夫にしながら白くする効果を期待することができます。

 

重曹は食用タイプを

重曹にはお掃除用と食用の二種類がありますが歯磨きには食用タイプを使うことです。お掃除用の重曹は粒子が大きく歯を傷つけやすいためです。

 

>>食用で無添加の重曹はこちら

 

まとめ

重曹で歯を白くすることはできますが磨くときにはやさしく行うのがポイント。また、市販のフッ素入りの歯磨き粉と一緒に磨くと歯も強くすることができます。

 

トップページでは液体タイプの歯磨き粉を紹介しています。やさしく磨くだけで歯の黄ばみを取り除く効果に期待できるので重曹で磨くよりも安全です。

歯を白くする歯磨き粉