歯が黄ばむ原因とは

歯が黄ばむ原因について

歯を白くするためにはまず歯が黄ばんでいる原因をしっかりと把握することが大切です。原因が分かることでどういう対策をしたらいいのかが明確になります。

 

では歯が黄ばむ原因を紹介します。

 

歯の黄ばみの原因1.食べ物・飲み物

歯が黄ばんでしまう原因の多くが食生活からきています。
食べ物ではカレー、焼きそば、人工甘味料を使用したお菓子が特に黄ばみを促進させがちです。

 

飲み物では、ワイン(黄ばみというよりも着色汚れにつながる)やコーヒーがあげられます。

歯が黄ばむ食べ物や飲み物

自分の食生活を振り返ってみて黄ばみ・着色汚れになりやすいものを食べる頻度が高いならば意識して減らしていくことが大切です。

 

また、黄ばみやすい食べ物を食べたらできるだけ早めに歯磨きをすることで歯に汚れがこびりついてしまうことを予防することができます。

 

>>歯の黄ばみを落とす・予防する食べ物

 

歯の黄ばみの原因2.タバコ

タバコは歯の黄ばみになりやすい

タバコに含まれるタールはヤニの原因です。たくさんタバコを吸うほどにとても汚い色に変色していくので要注意です。

 

対処法としてはタバコを吸う本数を減らすか禁煙することです。

 

歯の黄ばみの原因3.歯磨きが不十分

黄ばみやすい食べ物を頻繁に食べているわけではないのに黄色くなるのは、普段の歯磨きがおろそかになっている可能性があります。

 

手を抜いて磨いていると歯の表面に汚れがついたままになるので徐々に歯が黄ばんでいきます。

 

特に前歯だけ集中して磨いている方は前歯以外の歯が黄ばんでいる傾向が高いのが特徴です。
対処法としては簡単なことですがすべての歯をまんべんなく磨くことです。

 

歯の黄ばみの原因4.歯を強く磨きすぎている

よく「黄ばみを落とすには強く歯磨きをするのがいいはず」と思って実践する方がいますが逆効果です。

 

歯の表面はエナメル質という成分で高くガードされているのですが、強く磨くことでどんどん削れてしまい、黄ばみやすくなります。

 

歯の黄ばみを落とすのに効果的な歯磨き粉

歯の黄ばみを落とすためにはコツがあります。それは歯を傷つけずに行うことです。市販のホワイトニング用の歯磨き粉には歯の表面を傷めてしまう研磨剤が入っているので、一時的に白くなっても後からすぐに黄色くなってしまうケースがあります。

 

そこでおすすめなのがジェルタイプの歯磨き粉です。黄ばみを浮かび上がらせる成分のおかげで歯をごしごしと強く磨かなくても汚れを落としていくことに期待できます。

 

歯を白くする歯磨き粉